Amazon出品申請が必要なカテゴリーと申請方法

 

こんにちは、アキです。

 

Amazonで商品を販売する場合に、「初めから出品できるカテゴリー」と

「出品に制限が設けられているカテゴリー」があります。

 

 

Amazonをメイン販路として行く場合に、出品できるカテゴリーは大いに越したことはありません。

 

リサーチして見つけた商品が「高利益・高需要」だった場合に、出品できないとかなりもったいないですよね。

 

ましてや、買い付けを行った後に出品申請が通っていないカテゴリーの商品を

仕入れしてしまった場合には、「販売できない!」なんてことになる可能性があります。

 

ですので、販路を拡大するためにも、出品申請は予め行っておきましょう。

 

今回の記事では、「Amazon出品申請が必要なカテゴリーと申請方法」について解説していきます。

 

出品申請が必要なカテゴリー

「出品申請が必要なカテゴリー」は、全部で8つあります。

 

出品申請が必要なカテゴリー

時計

・服&ファッション小物

・シューズ&バッグ

・ジュエリー

・ドラッグストア

・ビューティー

・食品&飲料

・ペット用品

 

 

上記カテゴリーは大口出品者のみが申請することで販売可能となりますので、

大口出品の登録がまだの方は、「Amazon出品者アカウント&銀行口座情報の登録」を参考にして

登録を済ませておきましょう。

 

 

出品申請が必要なカテゴリーは8つありますが、

その中でも「認可されやすいテゴリー」「認可されにくいカテゴリー」があります。

 

認可されやすいカテゴリー

・服&ファッション小物

・シューズ&バッグ

・ジュエリー

・ペット用品

 

上記4つのカテゴリーは、基本的に出品申請をするだけで認可されやすいです。

 

認可されにくいカテゴリー

時計

・ドラッグストア

・ビューティー

・食品&飲料

 

上記4つのカテゴリーは、出品申請はできるものの認可されにくいカテゴリーになります。

「認可されにくいカテゴリー」の出品申請を通すには、請求書や領収書、製品証明書などが

必要になりますので、用意できる場合は申請してみましょう。

 

出品申請方法

それでは、出品申請方法について解説していきます。

 

下記のリンクから「出品申請が必要なカテゴリー」をクリックします。

出品申請が必要なカテゴリー

(Amazonセラーセントラルにログインが必要です)

 

今回は、『シューズ&バック』のカテゴリーで申請してみようと思います。

特に何も申請していない場合は、画像と同じように進んでください。

 

「シューズ&バック」をクリックします。

 

 

画面が切り替わり、順に入力していきます。

 

『商品は全て新品ですか?』

「はい」にチェックをいれます。

 

『商品に製品コード(JAN)がありますか?または製品コード免除が許可されている商品ですか?』

「 

 

『販売するブランド名をすべて入力してください。』

特に申請するブランドがなければ「なし」と入力します。

 

入力後、「続ける」をクリックします。

 

 

画面が切り替わります。

『並行輸入品ですか?』

「いいえ」にチェックをいれます。「続ける」をクリックします。

 

※一度申請したカテゴリーで、後々JANコード無し商品や並行輸入品を扱う場合でも

再審査の必要はないとのことでしたので、国内商品で申請を進めるとスムーズです。

 

Amazon規約の商品画像を順に確認していきます。(計8枚)

新規商品を出品する場合には、画像の通りに商品画像を掲載しなければなりませんので、

ここで理解を深めておきましょう。

 

全て「はい」をクリックします。

 

 

 

先ほど確認したAmazonの規約を遵守した商品画像を貼り付けていきます。

 

「画像のURLを使用」をクリックしてください。

画面が切り替わり、画像のURLを貼り付けられるようになります。

 

今回は、特に出品申請する商品がないので、

Amazonで既に出品されている商品の画像を使って、申請をしていきたいと思います。

 

Amazonの商品ページに掲載されている画像で「画像アドレスをコピー」をクリックします。

 

 

 

コピーした画像のURLを貼り付けします。

貼り付け後、「続ける」をクリックします。

 

 

 

必要事項を入力して、「申請内容の送信」をクリックします。

『Eメール』のみ必須で、他の項目は任意になります。

 

 

 

画面が切り替わり、下の画面が表示されれば申請が完了です。

 

申請後、下記の通りAmazonより自動返信メールが届きます。

 

 

審査結果は、だいたい24時間以内にAmazonテクニカルサポートから返答があります。

 

 

これで、Amazonから出品権限を貰えることができました。

 

許可が下りない場合は、提出画像が規約を満たしていなかったり、

特定商取引法の表示内容に不備がある場合が多いですので、

一度申請を見直してみましょう。

 

 

 

出品カテゴリーは、年々厳しくなっている印象がありますので、

なるべく早めに申請しておくことをおすすめします。

 

今回の内容は以上となります。

記事の内容でご不明点、質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です