Amazonプライム販売に必要なFBA納品手続きの手順

こんにちは、アキです。

 

商品の出品手続きを完了したあと、FBA納品手続きを行います。

 

 

FBA納品手続きは、商品をAmazon倉庫に入庫するために必要な手続きです。

 

自己発送の場合は、FBA納品手続きをしなくてもよいので出品する手間は減りますが、

FBAサービスを利用すれば、Amazonが商品の受注や配送を代役してくれますので、

時間を効率化するためにも、利用することをおすすめします。

 

今回の記事では、「Amazonプライム販売に必要なFBA納品手続きの手順」について解説していきます。

 

FBA納品手続き

 

 

 

商品リサーチ、見積依頼、輸入代行業者への発注が終了し、

仕入れる各商品の数量が確定したら、「FBA納品手続き」を進めていきましょう。

 

では、解説していきます。

 

相乗り商品を出品する場合は、Amazon商品ページの右側にある

「マーケットプレイスに出品する」をクリックします。

 

 

続いて、商品情報を入力していきます。

 

 

 

コンディション

新品か中古品かを設定します。

 

コンディションの説明

商品のコンディション説明です。

出品する商品の詳細情報を入力しましょう。

 

下記のように入力しておけば大丈夫です。

【Amazonからの発送です】海外からの輸入品です。新品未使用となります。
Amazon配送センターからの即日出荷となりますので、年中無休・通常配送料無料で迅速にお届けが可能です。

当店取扱商品は輸入製品の為、傷等がある場合がございますが商品に影響はございません。
初期不良などの返金・返品につきましてもAmazonカスタマーセンターがお問い合わせ対応をいたしますので、安心してお買い求めいただけます。

 

在庫

商品を出品する在庫数です。

 

販売価格

商品を販売する価格です。

ショッピングカート獲得を考慮して、

販売価格は基本的に新品の最低価格にすることをお勧めします。

※FBA利用セラーが出品している場合は、FBAセラーの最低価格。自己発送者のみの場合は自己発送者の最低価格に合わせます。

 

出品者SKU

出品する商品の独自の管理番号が設定できます。

管理しやすい管理番号を設定し、他の商品と管理番号が重複しないように注意しましょう。

管理した番号は、Excelシートなどにまとめておくことをおすすめします。

 

提供する配送オプション

自己発送の場合は、上部の 商品が売れた場合、自分で商品を発送する(出品者在庫)」を選択します。

FBAサービスを利用する場合は、下部の 商品が売れた場合、Amazonに配送を代行およびカスタマーサービスを依頼する(FBA在庫)」を選択します。

※誤って入力を間違えた場合でも、あとで変更することは可能です。

 

全て入力後に「料金を計算」をクリックします。

手数料等の料金が計算されますので、確認しておきましょう。

 

確認後、「出品を確定し、納品手続きを開始する」をクリックします。

 

画面が切り替わり、「納品プランの作成」に移ります。

 

 

『納品プランこれは何ですか?』

新規で納品プランを作成する場合は

既存の納品プランにこの商品を追加して作成したい場合は「既存の納品プランに追加」

を選択します。

 

『納品タイプこれは何ですか』

一つの箱の中に、様々な商品が梱包されている時は「個別の商品(異なる商品で構成)」

一つの箱の中に、同じ商品商品が梱包されている時は「メーカー梱包(同じ商品のみで構成)」

を選択します。

 

 

納品する「商品の数量」を入力します。「続ける」をクリックします。

※同じタイミングでFBA納品をする場合、右上の「商品を追加」をクリックする事で、

同一の納品プランに商品を加えていく事が可能です。

 

 

 

続いて、梱包条件が表示されますので、選択されている場合は「続ける」クリックします。

 

 

 

 

 

『ラベルの貼り付け』

「Amazon」または「出品者」を選択します。

基本的に輸入代行業者を使用する場合は、輸入代行業者にラベルの貼り付けを行ってもらう為

「出品者」を選択しましょう。

 

『納品するラベル数』

納品する商品の数量分をここに入力します。

 

ラベルの印刷形式を選択して、「ラベルの印刷」をクリックします。

すると、PDFファイルでバーコードが表示されます。

 

 

自己発送者の場合は、PDFファイルをプリントアウトし、商品に貼りつけてから出荷準備を行ってください。

輸入代行業者を使用する場合は、後ほどデータを送りますので、デスクトップなどに保存をお願いします。

 

 

 

 

 

納品の確認を行います。

ここで「納品ID」が作成されて、「納品先」が表示されます。

確認後、「納品を作成する」をクリックします。

 

 

 

納品番号が表示されます。

「納品作業作業を続ける」をクリックします。

 

※納品する一覧を確認したい場合、またはCSVファイルなどにダウンロードしたい場合は、

「SKUリストをダウンロード」をクリックします。

 

 

 

 

 

今の段階で、納品する商品の個数などに誤りがある場合は「商品の確認と修正」で変更します。

配送業者を指定します。

輸入代行業者からFBA倉庫へ直納する場合、

OCS、DHL.FEDEXなどのクーリエ業者を使用することになりますので「その他」を選択します。

 

 

 

 

梱包数を選択します。

輸送箱が1つのみの場合は、「輸送箱数【1個】」を選択します。

輸送箱が2つ以上ある場合は、「輸送箱数【複数】」を選択します。

輸送箱数が複数を選択した場合は、輸送箱の数を空欄に入力して「輸送箱数を設定」をクリックします。

※輸送箱数は輸入代行業者に確認しましょう。

 

 

選択後、輸送箱の重量などを入力する画面になります。

基本的に空欄でOKです。「確認する」をクリックします。

 

 

 

 

配送ラベルの形式を選択して、「配送ラベルを印刷」をクリックします。

 

輸入代行業者から直納する場合はPDFファイルをデスクトップなどに保存してください。

後ほど、輸入代行業者へデータを送ります。

 

 

別の納品プランの調整を行う際は「別の納品を表示」をクリックしてください。

納品プランを削除したい場合は「納品を削除」をクリックしてください。

問題が無ければ「クリックすると納品が完了します」をクリックしてください。

 

一度「納品を完了する」をクリックすると、その納品プランは修正が出来なくなりますので、

再度全体を確認してから進行するようにしてください。

 

 

 

クリックすると、

「配送状況の確認」という項目が表示されます。

「お問い合わせ番号」とは荷物の追跡番号です。

海外からの発送の場合は、代行業者に「配送会社」「送り状No」の問い合わせをしてください。

そのナンバーを「お問い合わせ番号」欄へ入力します。

※お問い合わせ番号の入力は、任意でOKです。

 

以上で、FBA利用時の納品手続きは完了です。

 

 

最初は難しく感じるかもしれませんが、Amazon販売には必須項目ですので

徐々に覚えていきましょう。

 

今回の内容は以上となります。

記事の内容でご不明点、質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です