Amazon在庫保管手数料と長期在庫保管手数料について

こんにちは、アキです。

 

今回は「AmazonのFBA在庫保管手数料と長期在庫保管手数料」について解説しています。

 

輸入ビジネスの規模が大きくなるにつれて、扱う商品数も多くなっていきますが、

それに比例して、AmazonのFBA倉庫に入荷する物量も増えていくと思います。

 

 

そこで注意しておかなければいけないのが、「FBAの在庫保管手数料」と「長期在庫保管手数料」です。

 

Amazonはタダで在庫スペースを提供して下さるわけではないので、

AmazonのFBA倉庫を利用するには手数料がかかります。

 

少量ならそこまで多くはかからないのですが、物量が多くなっていくと1つが安い手数料でも、

チリも積もれば山となる。のようにそれなりの価格になります。

 

特に中国輸入ビジネスの場合は、商品数と販売個数が多いのが特徴の

ビジネスモデルですので、特に注意が必要です。

 

 

在庫保管手数料と長期在庫保管手数料とは

 

在庫保管手数料とは

在庫保管手数料とは、その名の通り倉庫に在庫としてある商品に課せられる手数料のことです。

 

料金は、商品の大きさ(サイズ)、在庫数によって決められており、大きい商品ほど手数料が高くなります。

 

中国輸入で取り扱う比較的小さめの商品(体積重量0.1kg~1.5kg)程度なら、

商品1個に対して日あたり0.01円~0.9円くらいですね。

 

だいたい、月に10円くらいと考えていれば間違いないと思います。

 

そこまで高くないと思われる方も多いかもしれませんが、

1ヶ月100個在庫があれば、それだけで1000円かかりますし、

12ヶ月その状態だと1年で12000円も手数料としてとられることになります。

 

これが大型商品の場合なら、これ以上は余裕にかかりますので結構バカになりません。

 

なので、定期的に手数料を確認必要です。

そこで長期間売れていない商品や手数料が高い商品の処分は早めに行う必要があります。

 

 

長期在庫保管手数料とは

長期在庫保管手数料は、毎日課金される通常の在庫保管手数料とは別に、

180日以上Amazon倉庫に預けている商品のみに課せられる手数料です。

 

Amazonも売れない商品ばかりで倉庫を埋め尽くされては敵いませんので、

そのような商品が滞留するのを防ぐ為に在庫保管手数料とは別にこのような手数料制度を設けているそうです。

 

180日以内に売り切れば手数料はかかりませんが、ライバルが多くて売れない商品や需要が見込めない商品は

半年間売れないことも普通にありますので、販売した商品の気にかけておくべきです。

 

 

FBA計算機で毎月の在庫保管手数料を簡単に確認する方法

在庫保管手数料は、FBA計算機というGoogle Chrome拡張機能を使えば簡単に確認できます。

FBA計算機のおもな使い方は、こちらの動画で解説しています。

まずはこの商品を在庫保管手数料を見てみましょう。

 

『【ノーブランド】糖度計 Brix0~32% 温度自動補正(ATC)付き』

 

FBA計算機の画面

 

FBA計算機の毎月の保管に注目してください。

ここに表示されている金額が月額の在庫保管手数料です。

なので、この商品は月額10円の在庫保管手数料がかかります。

 

この金額は月額なので、日割りすると1日0.33円くらいの手数料がかかります。

 

小さい商品なのでそこまで手数料は高くないですね。

一般的にこのくらいの在庫保管手数料がかかると思っておけば大丈夫です。

 

では、次に大型商品を見てみましょう。

 

『折畳み浴槽 ビニール製 ダブルサイズ 大人用 65*70cm』

 

 

 

FBA計算機の画面

 

この商品は月額210円の手数料がかかります

 

先ほどの小さい商品に比べると、かなり高いことが分かります。

約21倍といったところでしょうか。

 

1個ならまだマシですが、在庫が10個や20個あったとしたらかなりの金額になりますね。

それが毎月となると悠長なこと言ってられない金額です。

 

このように商品サイズによって在庫保管手数料の金額は変わり、

商品サイズが大きくなればなるほど高くなります。

 

特に大型サイズの商品を扱う場合はそこそこの手数料がかかりますので、

どのくらいの手数料がかかるかを仕入れ前に把握して、需要と相談しながら販売する必要があります。

 

 

長期保管手数料の算出方法

長期在庫保管手数料は以下の先で算出できます。

(長期在庫保管手数料) =
(長期在庫保管手数料が課金された在庫数) x (商品の寸法(立方センチメートル)) x 87.4285円(180日) ÷ 1000

 

では、先ほど商品でこの計算をしてみましょう。

 

この商品の寸法は、【23.01×8.79×6.4】です。

 

この商品が10個在庫として長期在庫保管手数料が課せられた場合は、

上記の式に当てはめて計算しますと、

 

(長期在庫保管手数料が課金された在庫数) x (商品の寸法(立方センチメートル)) x 87.4285円(180日) ÷ 1000

10×(23.01×8.79×6.4)×87.4285÷1000=約1130円

 

この商品では半年間で1130円なのでそこまで気にする必要はないと思いますが、

では、こちらの商品も見てみましょう。

 

『折畳み浴槽 ビニール製 ダブルサイズ 大人用 65*70cm』

 

この商品の寸法は【76.00×34.01×10.01】です。

 

(長期在庫保管手数料が課金された在庫数) x (商品の寸法(立方センチメートル)) x 87.4285円(180日) ÷ 1000

10×(76.00×34.01×10.01)×87.4285÷1000=約22591円

 

 

10個対象となった場合は約22591円かかりますので、かなりの出費となりますね。

 

 

小型サイズならそこまで気にすることはありませんが、大型サイズの商品の場合は、

長期在庫保管手数料だけで、この金額くらいは普通にかかりますので注意してください。

 

まとめ

在庫手数料や長期在庫保管手数料は、少し見えにくい部分なので

あまり気に留めない方も多いと思います。

 

ですが、先ほどの大型商品のようにサイズが大きい商品を販売する場合は

気にしておく必要があります。

 

なかなか売れない商品の在庫処理は、

ヤフオクやメルカリなどの別販路でマルチチャネルサービスを使って売る。

または、Amazonで在庫廃棄処分する。

 

この2択になります。

※在庫処理に役立つ記事

Amazonマルチチャンネルサービスで利益を拡大!

輸入ビジネスの販路として使えるヤフオク登録方法を解説

輸入ビジネスの販路としては必須ECサイトのヤフオクの出品方法

Amazon、ヤフオク、メルカリの特徴

メルカリの登録方法と出品方法を詳しく解説

 

 

ただ、どっちにしても処理する時期が大切です。

 

僕の経験では、半年売れない商品は一年待っても売れません。

半年間で一度在庫を見直すのがよいと思います。

長くても一年以内には処理しましょう。

 

在庫も資産となりますので、年末調整の際にどっちにしても処理しなければなりません。

 

Amazon販売初心者は判断が難しいかもしれませんが、販売として必要なスキルなので

そこの目利きも少しずつ理解していくことが必要です。

 

是非参考にしてください。

 

今回の内容は以上となります。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

記事の内容でご不明点、質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

また以下のLINE@に登録してくだされば、輸入ビジネスの情報、日々様々な気づきや日常・ブログの更新などを

発信しているのでぜひ登録してみてくださいね^ ^

 

友だち追加

 

 

 

追伸

ブログランキングの応援お願い致します!

1クリックで1日1票入るようになっていますので、クリックして頂けると嬉しいです!

 

ブログの右側にもバナー表示がありますので、そこを1クリックでポチッと応援お願い致しますm(__)m

記事を読んだ時や気が向いた時に、毎日でも..して頂けるとありがたいです^ ^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です