モノレートの代役にぴったりな「ジャングルリサーチの使い方」

こんにちは、アキです。

 

Amazonリサーチではおもに「モノレート」という無料ツールを使用して

リサーチを行いますが、たまーにシステムエラーやサーバー負荷が発生して

使用できない時があります。

 

他の有料ツールを使っている方はそこまで痛手ではないですが、

できるだけ無料でビジネスを行いたい方にとっては「モノレート」なしでは

武器を取られた武士みたいなものです。

 

戦うことができませんよね。

 

そこで、今回はモノレートの代役となるツール「モノレートの代役にぴったりな、ジャングルリサーチの使い方」をご紹介します。

 

こちらのツールは、機能で言っても「モノレート」と瓜二つの有能なツールで

無料で使用できますので、モノレートが使用できないときは是非ご活用ください。

 

今回の記事は、「ジャングルリサーチの使い方」について解説していきます。

 

ジャングルリサーチの使い方

では、ジャングルリサーチの使い方について解説していきます。

 

まず、ジャングルリサーチのトップページを開きます。

 

 

続いて、検索窓に調べたい商品の商品名、JAN、ASIN」を記入していきます。

 

カテゴリーを絞って検索したい時は、検索窓の上部分にある

ドロップダウンでカテゴリーを選択しておきます。

 

 

入力後、検索します。

 

検索したら、該当商品の一覧が表示されますので、

調べたい商品の「ジャングルリサーチ詳細」をクリックします。

 

 

画面が切り替わり、商品データが表示されます。

 

ジャングルリサーチでは、『最安値』『出品者数』『ランク』のデータを取得することが出来ます。

 

最安値

『最安値』で表示されるのは、表示されている期間の「価格推移」になります。

マウスポイントをグラフにあてると、商品価格の詳細が表示されます。

 

出品者数

『出品者数』では、表示されている期間「出品者数の推移」が分かります。

出品者数が多いと、商品の価格が下がりやすいので

「5名以下」の出品者数が望ましいです。

 

ランク

『ランク』とは、「ランキング」の事です。

 

ランキングでは、「Amazon内全ての商品のランキングで、この商品の売れ行きは何番目なのか」

というのが読み取れますので、

ランキングが「1」に近ければ近い程、「需要がある」ということです。

 

このデータで注意する点は、通常のグラフとは見方が逆で、

上に行くほど順位は下がり、下に行くほど順位があがるという事です。

 

商品が売れればランキングが上がり、グラフは下側にはねますし、

商品が売れなければランキングが下がり、グラフは上側にはねます。

 

普段見ているグラフとは表示方法が異なりますので、注意していきましょう。

 

販売デ

一番下にスクロールしていくと、商品の販売データのまとめグラフが表示されます。

 

販売データは、これまでに紹介した3つのグラフの、直近のデータを数値化してまとめたものです。

『出品者数』『最安値』『ランキング』の推移を確認できます。

 

一覧で表示されますので、

複数のデータを同時に見たい。

 

そんな時には、こちらで確認するのもおすすめです。

 

『ジャングルリサーチ』についての解説は以上となります。

 

モノレートの使い方と殆ど同じですので、普段からモノレートを

使用している方はスムーズに使いこなせると思います。

 

今回の内容は以上となります。

記事の内容でご不明点、質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です