Amazon自己発送方法の手順

こんにちは、アキです。

 

FBAサービスを利用せずに、Amazonで商品を販売すると

必然的に自己発送出品となり、自分で商品の梱包や配送作業を行うようになります。

 

自己発送のやり方は、FBA発送の商品とは多少異なるため、以下の記事を参考にしてください。

 

 

 

自己発送方法の手順

 

商品を自己発送する場合は、Amazonから「注文が確定いたしました」という連絡が入ります。

 

この連絡は「商品を発送してくださいという合図ですので、商品の出荷準備を進めていきましょう。

 

まず、Amazonのセラーセントラルにログインします。

左側の注文管理にある「未出荷」をクリックします。

 

 

未出荷の商品があればここに数字が表示されます。

 

 

画面が切り替わり、商品の詳細が表示されますので、発送する商品の「納品書を印刷」をクリックします。

 

 

クリックすると納品書のファイルがダウンロードされますので、印刷しましょう。

 

プリンターが家に無い方は、USBやスマホにファイルを取り込めば、

コンビニで印刷できます。

 

ちなみに、僕は『PrintSmash』というアプリを使って、

家の近くにあるファミリーマートで印刷していました。

※印刷代は経費として落とせますので、レシートをとっておきましょう。

 

次に、印刷した納品書を商品に同封します。

 

商品と同封するのは、切り取り線から下側だけです。

上部分は配送用として、配送箱に貼り付けしましょう。

※ヤマトなどの専用ラベルを使用する配送業者には必要ありません。

 

 

 

商品の梱包に関しては、納品書を同梱する以外に厳密な規則はありません。

 

ですが、商品が破損しないように緩和剤などを入れて

出来るだけ丁寧な商品の梱包を心掛けましょう。

 

あまりにも梱包が汚いと、購入者から悪い評価をもらうことになりますので、

ここは注意しておきましょう。

 

商品の発送が完了したら、「出荷通知を送信」をクリックします。

 

続いて、必要事項を記入していきます。

 

 

以下が、記入事項になります。

・発送日・・・商品を発送した日付を入力します。

・配送業者・・・配送方法のプルダウンから、配送業者を選択します。配送方法が分かる場合は記入します。(ネコポスなど)

・トラッキング番号・お問い合わせ伝票番号・・・各配送業者の送り状番号を入力します。配送方法によっては、トラッキング番号の無いものもあります。トラブルが合った場合の確認手段となりますので、できるだけ入力しておきましょう。

※代金引換の場合は、「トラッキング番号・お問い合わせ伝票番号」の入力が必須です。

 

 

 

全て入力後、「出荷通知を送信」をクリックします。

 

以上で、自己配送が完了となります。

 

中国輸入ビジネスは、基本的にFBAサービスを利用して行います。

 

そのため、自己配送することは殆どありませんが、FBA倉庫に入庫できない商品などが

合った場合は、自己配送で出品することになりますので、覚えておきましょう。

 

今回の内容は以上となります。

記事の内容でご不明点、質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です