中国輸入で国際送料にかかる重量と体積重量の違いと計算方法

こんにちは、アキです。

 

中国輸入ビジネスで発生する経費の一つに国際送料がありますが、

国際送料には【2種類】あることをご存知でしょうか?

 

国際送料は基本的に、「重量」「体積重量」

設定されており、それぞれで料金設定が異なります。

 

この2種類共理解していないと、自分が想定していたよりも高い国際送料が

かかる恐れがありますので、経費を把握するためにも理解を深めておきましょう。

 

今回の記事では、中国輸入で国際送料にかかる重量と体積重量の違いと計算方法について解説していきます。

 

重量と体積重量の違い

国際送料は基本的に「重量」「体積重量」の2種類で計算されます。

「重量」梱包を含めた商品の実重量(重さ)で料金設定

「体積重量」梱包を含めた商品の大きさ(体積)で料金設定

 

上記のように区分されており、「重量」「体積重量」

どちらか重い方で国際送料が設定されます。

 

中国輸入ビジネスは、様々な種類の商品を数多く仕入れするため、

全ての商品を「重量」「体積重量」のどちらで計算されるのかを把握することは

現実的ではないため、基本的に「重量」で計算しておけば問題ありません。

 

ですが、特に注意が必要なのは大きくて軽い商品を仕入れする場合です。

 

僕の経験談ですが、ゴルフマット(125×90)を5個ほど仕入れた場合に、

数日経って請求書を確認してみると、予定してたよりもかなりの料金オーバーでした。

 

またAmazon倉庫にも納品できないサイズの商品だったため、

自宅に配送して、さらに配送料金がかかってしましました。

 

さらには、購入者に自己配送で商品を配送しなければいけませんので、

バカでかいサイズの梱包もして、高い配送料金を払って、もうあじゃぱーでしたよ。

 

ほんと、忘れられない良い思い出です。笑

 

体積重量は、1個2個では料金の変動幅も小さいですが、大きくて軽い商品を大量に仕入れてしまうと、

予定よりも確実に国際送料が嵩みますので、ここは十分注意していきましょうね。

 

重量での国際送料

重量での国際送料は、輸入代行業者によって異なります。

 

輸入代行業者のホームページを見れば載っていますので、

それぞれで比較して安い料金の会社を選ぶのが良いと思います。

 

輸入代行業者よっては、商品重量が『20kg』を超えると、国際送料が大幅に安くなるサービスを実施している場合もありますので、商品はまとめて仕入れするのがポイントです。

 

体積重量での国際送料

体積重量での国際送料は、基本的に計算式で算出されます。

体積重量(kg)=縦(cm)×横(cm)×高さ(cm)÷6000(体積重量定数)

※体積重量定数は代行業者によって違い、5000~8000と変動します。

 

体積重量定数は、代行業者によって変動することがありますが、

空便を使用する場合は、ほとんどの輸入代行業者で「6000」が設定されています。

 

体積重量の計算例

体積重量の式を用いて、重量を算出してみたいと思います。

 

例えば、商品サイズが【20cm×20cm×20cm】で、重量が【1kg】の商品では、

 

体積重量の計算式は、

体積重量(kg)=縦×横×高さ÷6000』 ですので

「20×20×20÷6000=1.33kg」になります。

 

この商品の場合は、【重量1kg】【体積重量1.33kg】 ですので、

体積重量で料金が設定されることになります。

 

まとめ

中国輸入ビジネス初心者にとって「体積重量」は、聞きなれない言葉だと思いますが、

計算方法は簡単ですので、何度か経費を計算していくうちに慣れてくると思います。

 

上記でも解説しましたが、「体積重量」を意識する必要があるのは、

『大きくて軽い商品を仕入れする場合』がメインですので、

そこを理解しておけば、まずは問題ないと思います。

 

 

あとは、関税やFBA手数料などの経費計算を確実に行って、

しっかりと利益をとっていきましょう。

 

今回の内容は以上となります。

記事の内容でご不明点、質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です