ブルーライトの軽減に最強のツール『f.lux』とは

こんにちは、アキです。

 

中国輸入ビジネスはPC1台で完結できるのが魅力的ですが、

一日ずっとPC操作を行っていれば流石に、目が疲れますよね。

 

僕もPC作業になれるまでは一時間で目が疲れて、

夜寝る時には、「ブルーライト効果で熟睡できない。」

というような現象に悩まされた思い出があります。笑

 

ネットビジネスあるあるですよね。笑

 

そんな時に起業家仲間から、

「ブルーライトを軽減できる無料のツールがあるよ!」

と言われて使い始めたのが『f.lux』というツールになります。

 

今回はそんな「ブルーライト効果」にお悩みのあなたへ

最強のツールをご紹介したいと思います。

 

今回の記事では、「ブルーライトの軽減に最強のツール『f.lux』とは」

について解説していきます。

 

f.luxとは

『f.lux』(フラックス)とは、パソコンでブルーライトを抑制する為の無料ツールです。

 

iPhone/iPadに「Night Shift」という機能がありますよね。

それをPC版で実現するのが、『f.lux』です。

 

Mac、Windows共に対応しているため、どのPCでも使う事ができます。

 

僕はこのツールを使い始めて、長時間のPC作業をした日でも、

夜は熟睡できるようになり、朝は快適に起床できるようになりました。

 

今では、『f.lux』を導入していないPCを見るだけで

目がチカチカして痛くなるほどです。笑

 

 

f.luxの使い方

では、『f.lux』の使い方についてご説明します。

まずは『f.lux』のダウンロードページを開いてください。※『f.lux』ダウンロードページ

 

トップページにある「Download f.lux」をクリックします。

 

次に「実行」をクリックします。

「I Agree」をクリックします。

 

インストールはライセンス契約に同意するだけで完了します。

これでインストール完了です。

 

『f.lux』の設定方法

インストールが完了したら、パソコンのディスプレイの右下に

下の画像のマークが現れます。

そのマークをクリックして設定を行います。

「Setting」をクリックします。

 

画面が切り替わります。

下の画像にある「赤枠の◯」を左右に動かすと画面の光の調整ができます。

ドラッグ&ドロップで「赤枠の◯」を動かせます。

『Daytimeが』昼の設定で、『At night』が夜の設定です。

 

ちなみに、数字の横にある【K】という文字は、光の値の『ケルビン』を指します。

 

「赤枠の◯」を調整後、最後に「Done」をクリックすれば設定完了です。

 

画面をもっと暗くしたい場合の設定方法

初期設定では、2700Kまでしか画面の色を暗くすることはできませんが、

設定を変更することで、『At night』(夜)の設定は『1200K』まで

画面を暗くすることが可能です。

 

設定方法ですが、右側にある「三」をクリックします。

 

次に、『Lighting at night』をクリックします。

 

その後、『Expand Color Range』をクリックします。

あとは、「項目で調整したいケルビン数」をクリックして完了です。

これで、「1200K」まで暗さを調整できるようになりました。

 

僕は、昼も夜も2700Kに設定しています。

 

あまり暗く設定しすぎると、『f.lux』を導入していないPCを見る時に

目が痛くなるのでご注意を。笑

 

まとめ

『f.lux』は無料ツールではありますが、とても有能なツールで

導入前と導入後では「目の疲労度」が大きく違います。

 

ブルーライトの軽減方法は、ブルーライトメガネやブルーライトフィルムが

ありますが、『f.lux』は無料ですぐに導入できますし、

何より効果がハンパない!です!。

 

僕はもう『f.lux』がないと生きていけません。笑

 

そのくらい効果が期待できるツールなので、導入がまだの人は

上記の記事を参考にして導入することをおすすめします。

 

今回の内容は以上となります。

記事の内容でご不明点、質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です