中国輸入ビジネスはAmaoznを販路にしよう

こんちには、アキです。

 

僕がご紹介する中国輸入ビジネスでは、

Amazonを販路として利用することをおすすめしています。

 

Amazonのショッピングサイトは、

中国輸入ビジネスに対して、とても相性が良いので

下記の記事で理解を深めて頂ければ幸いです。

 

今回の記事では、「中国輸入ビジネスはAmazonを市場にしよう」について解説していきます。

 

中国輸入ビジネスでのAmazonのメリット

中国輸入ビジネスでAmazonを販路とした場合は、以下のメリットがあります。

・出品作業が楽

・配送作業が必要ない

・集客を作業をする必要がない

 

出品作業が楽

Amazonでよく比較されるのが「ヤフオク」です。

 

ヤフオクの特徴は「Amazon・ヤフオク・メルカリ・の特徴」で解説していますが、

簡単に説明しますと、

日本最大級のオークションサイトで、CtoCの個人間取引がメインとなっています。

利用者数では、オークションのサイトの中でもトップクラスです。

 

欧米輸入では、「ヤフオク」を販路にする方は多いですが、

中国輸入ビジネスでは向いているサイトではありません。

 

在庫過多の商品をAmazonと併用して販売するのには向いていますが、

メインの販路として選ぶサイトは、Amazonです。

 

なぜならAmazonはヤフオクに比べて、出品作業がめちゃくちゃ楽だからです。

 

ヤフオクでは、一から商品ページを作成する必要があるのに対して、

Amazonの場合は相乗り出品という、他の商品ページを利用して出品作業ができるので、

出品作業にかかる労力は半分以下です。

※相乗り出品については、「Amazonでの相乗り出品方法を解説」で解説しています。

 

本業・副業問わず、ビジネスで取り組んでいる方は、時間は効率的に使いたいと思いますので、

販路プラットフォームはAmazonを利用することをおすすめします。

 

配送作業が必要ない

FBAサービス使用すれば、商品の配送作業はAmazonがしてくれます

 

「ヤフオク」の場合だと、

売れた商品は自分で梱包して、

配送業者に持っていき、

伝票を書いたりお金を払ったり、

お金がなかったら、お金を引き出しにいったり、

行く途中に事故に合って車が大破したり、

車を修理しにいったり、修理しに行く途中でまた事故にあって…….

 

流石にここまではないと思いますが。笑

 

 

ですが、Amazonの場合だと

勝手にAmazonの倉庫から、商品が配送されますので

いちいち梱包して、なんやらかんやらって作業は無くなります。

 

※便利ですよね。いや、Amazonほんとすごいと思います。

 

中国輸入ビジネスの場合は、利益額の少ない商品を多く扱うので、

一人で梱包しようとなると正直作業になりません

 

なので、商品の販売はAmazonのFBAサービスを利用していきましょう。

 

集客を作業をする必要がない

Amazonは集客力は絶大です。

 

例えば、あなたがネットショップを立ち上げたて商品を販売しようとした時に、

あなたのネットショップはまだ誰も知らない為、集客をしなくてはなりません。

 

その為には、

SEO対策をしたり、広告を貼ったり、ソーシャルネットワークで拡散したりなどなど

様々な方向から、ショップサイトを知って貰う必要があります。

 

ショップを知ってもらうにはお金も必要ですし、

上記のような対策が必須ですので多くの時間がかかります。

 

ですが、Amazonで販売する際には、それらは全く必要ありません。

 

Amazonは、上記で述べたSEO対策に集客力に非常に力を入れており、

Amazonで販売するだけで、自然と商品がカタログに乗るので、

多くのユーザーに見てもらえます。

 

最初から集客を必要がありませんので、在庫過多になったり、

資金回収がスムーズに行かないなどのリスクは最小限に抑えることが可能です。

 

 

このようにAmazonを販路とした場合には、様々なメリットがありますので、

商品を販売する際はAmazonを販路プラットホームとして利用していきましょう。

 

今回の内容は以上となります。

記事の内容でご不明点、質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です