中国輸入ビジネスの収入までの流れ

こんにちは、アキです。

 

中国輸入ビジネスでは、PC1台で作業が完結することは

「PC1台で半自動化。中国輸入ビジネスとは」の記事で紹介していますが、

 

では実際に、

「収入になるまでの仕組みはどのようになっているのか」

この点について解説していきたいと思います。

 

 

今回の記事では、「中国輸入ビジネスの収入までの流れ」について解説していきます。

 

中国輸入ビジネスの仕組み

中国輸入ビジネスは次のステップで構成されています。

 

中国輸入ビジネスのステップ

1.Amazonで仕入れする商品をリサーチ

2.中国サイトで、Amazonで見つけた商品をリサーチ

3.利益が残るか経費計算

4.輸入代行業者を使用して、仕入れを行う。

5.Amazonで出品作業を行う

6売上が入金

 

1.Amazonで仕入れする商品をリサーチ

 

商品リサーチとは、仕入れをする商品候補を見つけ出す作業になります。

 

 

商品リサーチは中国輸入ビジネスの肝という部分で、

商品リサーチで「利益が残るか、赤字になるか」がほぼ決まります。

 

商品リサーチの出来高が、そのまま結果にダイレクトに反映しますので、

抑えておくべき重要なポイントです。

 

 

2.Amazonで見つけた商品を中国サイトでリサーチ

Amazonで仕入れ候補の商品を見つけた後は、続いて中国リサーチです。

※「Amazonリサーチ」と「中国リサーチ」を合わせて商品リサーチといいます。

 

中国リサーチは、Amazonで見つけた商品を中国サイトで見つける商品リサーチです。

Amazonリサーチと同じく、非常に重要なポイントですので、しっかり身につけましょう。

 

商品リサーチの方法は色々ありますが、輸入ビジネス初心者は

「相乗りリサーチ」から身につける事をおすすめします。

 

相乗りリサーチの方法は商品リサーチのカテゴリの記事で解説していますので、

参考にしてください。

 

3.利益が残るか経費計算

商品リサーチで仕入れ候補が見つかったら、続いて経費計算を行います。

 

経費計算は、仕入れ額と販売価格の差額がどのくらい残るかを計算します。

 

ここを誤ると、

「配送料が思ったより高くて赤字になった。」

なんて事になりますので、仕入れを行う前は経費計算は必ず行いましょう。

 

経費計算の方法は、別の記事で解説していますので参考にしてください。

 

4.輸入代行業者を使用して、仕入れを行う

経費計算を完了後は、いよいよ仕入れを行います。

 

輸入代行業者か現地パートナーを利用して仕入れを行いますが、

僕がおすすめするのは輸入代行業者です。

理由は「中国輸入ビジネスでは輸入代行業者を使うべき?」を参考にしてください。

 

輸入代行業者の利用方法は上記記事にも記載していますが、

輸入代行業者によって、『システム』や『買い付け方法』が変わりますので、

それぞれの代行業者に一度コンタクトを取ってみると良いでしょう。

 

5.Amazonで出品作業を行う

商品の仕入れ作業が完了したら、Amazonで出品作業を行います。

 

自宅配送の場合は、自己発送で出品登録を行います。

FBAサービスを利用する場合は、FBA納品手続きを行います。

 

僕が推進しているのは、FBAサービスを利用することです。

 

FBAサービスを利用すると、商品の受注を受けてから、

出荷・配送を24時間体制で行ってくれますので、

輸入初心者の場合は積極的に利用すべきサービスだと思います。

 

6売上が入金

商品が購入されたらAmazonで売上計上された後、

登録口座に売上金が入金されます。

 

Amazonを販路として利用した場合は、

販売手数料等、消費税、FBAサービスを利用したら配送料金もかかりますので、

売上からその他諸々の経費を差し引き金額が口座に入金されます。

 

また、購入者からの商品代金の回収は全てAmazonが代行してくれますが

商品が売れたからといって口座に即入金となるわけではなく、

Amazonでの売上は14日周期で計上されますので、

売上~入金までの期間も考慮してキャッシュフローを考えていきましょう。

 

まとめ

中国輸ビジネスは、以下の6ステップで構成されており、

『輸入代行業者』と『FBAサービス』を利用すれば、自動化の仕組みを作る事が出来ますので、

時間が効率的に利用でき、商品リサーチなどの「利益に直結する作業」に専念できます。

 

また、中国輸入ビジネスはPC一台で作業が完結するので、

副業で時間がない方には特に取り組みやすいビジネスモデルだと思います。

 

輸入ビジネス初心者の方は、輸入ビジネスに取り組むのであれば

中国輸入ビジネスを取り組んでみるのはいかがでしょうか。

 

 

今回の内容は以上となります。

記事の内容でご不明点、質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です