輸入ビジネスは注意すべき日本の商標権と調べ方について

こんにちは、アキです。

 

輸入ビジネスを取り組むにあたり、商標権は絶対に理解しておかなくてはなりません。

 

特にAmazonでは商標権の管理は徹底されており、

例え知らなかったとしても、『アカウント停止』はもちろん、

最悪の場合は『訴訟』を起こされて、法的に裁かれる場合もありますので

商標権は必ず抑えておきましょう。

 

今回の記事では、「輸入ビジネスは注意すべき日本の商標権と調べ方について」について解説していきます。

商標権とは

まず、商標権とは何なのかご説明します。

知的財産のひとつ。

自社の商品と他社の商品とを区別するための文字、図形、記号、色彩などの結合体を独占的に使用できる権利。

 

いわゆる、「自分の商品だから扱わないでくださいよー」

って言える権利の事です。

 

上記でも記載されていますが、商標権には色々あって

文字の商標、形の商標、記号(ロゴ)の商標、色の商標などがあり、

どの商標も法的対象となりますので、しっかり理解しておかなくてはなりません。

 

といっても、形の商標や色の商標はレアなケースなので、

あまり該当する商品はありませんが。

※有名な会社の商品は、形の商標や色の商標も関与していますので注意が必要です

 

商標権は特許庁に出願、登録することで商標権が付与されます。

商標権の存続期間は10年ですが、更新も可能ですので一度申請すれば

永続的に権利を持つことも可能となります。

 

商標権の対象商品なのかを調べる方法

では、実際に商品を商標権を調べる方法を解説していきます。

「Amazon商品ページ」「特許情報プラットホーム」の2ステップで解説していきます。

 

Amazon商品ページでチェック

今回はAmazonの商品の

【[ナピスト]Napist サージカル ステンレス ネックレス RING & SQUARE メンズ ブルー】で解説します。

 

 

商標権でチェックするべきポイントは、「商品名」「ブランド名」と「商品画像のロゴ」です。

 

「商品名」「ブランド名」は、上画像の赤枠のなります。

 

商標権が該当している商品は必ず、「商品名」「ブランド名」の箇所に、

『商標権で取得した名称』を掲示しています。

 

また、商品画像の印字またはタグにも、「商標権で取得した名称」が印字または刻印されています

下の画像では、『Napist』と印字されているのが分ります。

 

こちらの商品は「商品名」「ブランド名」に『Napist』と書かれており、

商品画像でも『Napist』刻印されていることが分りますので、

商標権がNapist』で登録されている可能性が高いです。

 

上記の3箇所に該当している商品は、商標権が付与されてる可能性が高いですので、

特許庁が公開している「特許情報プラットホーム」で商標権に該当しているかを調べます。

 

特許情報プラットホームでチェック

こちらが、特許情報プラットホームのトップページです。

 

 

調べる手順を説明します。

 

まず、「商標を探す」を選択します。

 

 

こちらのカテゴリは、「特許・実用新案を探す」「意匠を探す」「商標を探す」から選べますので、

「商標を探す」を選択してください。

 

次に検索窓に「調べたい商標名」を入力して検索します。

 

検索したら検索窓の下にヒットした数が出力されますので、クリックします。

 

クリックしたら、プラウザが切り替わり一覧が表示されます。

Napist』では2件の商標権が付与されているようです。『登録番号』をクリックして、詳細を見ていきましょう。

 

詳細が表示されたら、中央の「商標名」と下側の「区分」をチェックします。

 

「商標名」は先ほどの商品と同じ名前ですね。

「区分」もジュエリーの商品の要点は抑えています。

 

なので、今回検索した

【[ナピスト]Napist サージカル ステンレス ネックレス RING & SQUARE メンズ ブルー】

という商品は、『商標権が付与されている』ということが分かりました。

 

まとめ

Amazonで商標権を侵害すると『アカウント停止』なることは、

少し調べればすぐに出できます。それだけ、守らなければいけないルールでもあります。

 

冒頭でも述べましたが、

商標権は知的財産権という法律です。法律を破ると相当の罰則を担うのは当然です。

 

くれぐれも商標権の侵害をすることがないように、

リサーチの際には必ずチェックしていきましょう。

 

今回の内容は以上となります。

記事の内容でご不明点、質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です