らくらくメルカリ便 宅急便を解説

こんにちは、アキです。

今回はらくらくメルカリ便の宅急便について解説します。

 

メルカリで商品を販売するなら「らくらくメルカリ便」を利用するほうが、

配送時間の効率化は間違いありません。

 

通常の宅急便よりも料金も安く配送することができますので、メルカリ販売をする際は利用しましょう。

 

らくらくメルカリ便とは

らくらくメルカリ便はメルカリサービスの一つで、商品を安く配送できるサービスです。

 

らくらくメルカリ便はヤマト運輸の配送サービスで

『ネコポス』『宅急便コンパクト』『宅急便』を全国一律料金で利用できます。

 

それぞれ配送サイズが決められており、宅急便は大きい商品を配送するときに利用します。

 

宅急便コンパクトで利用できるサイズ

宅急便は6種類のサイズから選択できます。

  • 段ボール60サイズ(2kgまで)が600円
  • 段ボール80サイズ(5kgまで)が700円
  • 段ボール100サイズ(10kgまで)が900円
  • 段ボール120サイズ(15kgまで)が1000円
  • 段ボール140サイズ(20kgまで)が1200円
  • 段ボール160サイズ(25kgまで)が1500円

 

重さの規定がありますので、大きい商品でも思い商品は値段が上がります。

 

通常だと60サイズでも1000円近くかかりますが、らくらくメルカリ便の宅急便では、

600円で送ることができますのでかなり安いです。

 

補償や追跡もありますので、安心して利用できるサービスです。

 

どこで集荷するのか?

  • ヤマト運輸営業所
  • ファミリーマート
  • サークルKサンクス)
  • 自宅への集荷(集荷料30円)

集荷は上記で行われています。梱包後にこちらの集荷場所に持っていきましょう。

 

自宅に集荷依頼をするには30円ほどの料金がかかりますが、これも便利なサービスなので

利用する人も多いですね。

 

基本的には翌日配送を謳っていますが、経験上、関東から北海道への発送で

2日間ほど掛かったこともありますのでご注意ください。

 

匿名配送が可能。伝票の発行

名前や住所などの個人情報を知られたくない方も多いと思います。

匿名配送ができるので、個人情報の流出を防ぐことができます。

 

使い方は、メルカリで発行されるQRコードを読み取ることで 配送伝票が印刷されます。

それを荷物に貼り付ける仕様ですので、宛名はもちろん配送元の記入も不要です。

 

伝票は集荷が行われている所で発行できます。

 

 

匿名配送は僕はあまり使わないので、利用価値がわかりませんが、

人によっては重宝できる機能かもしれません。

 

以上が宅急便についてです。

 

 

まとめ

 

メルカリで販売した時のみ有効なサービスなので使い勝手はあまりよくないですが、

メルカリでの販売ではぜひ利用したいサービスです。

 

メルカリ以外の媒体でこの金額で送ろうと思ったら、配送業者と別途契約をしないとできません。

なので、無料でこの金額で送れるらくらくメルカリ便は非常に優秀です。

 

メルカリ宅急便は補償あり、追跡ありで、北海道や沖縄などの離島にも

一律料金で発送することができるため、メルカリ販売の方は利用してみてください。

 

追伸1

中国輸入と情報発信のノウハウが集結した大ボリュームのマニュアルをプレゼントしております。

登録後に自動返信ですぐにマニュアルを受け取れます。

マニュアルはこちら

 

 

追伸2

以下のLINE@に登録してくだされば、以下のコンテンツを無料プレゼント中
【国際送金手数料を大幅に削減する方法】

友だち追加

こちらの方法を使えば人によっては、
年間20万円以上の送金手数料を削減できます。

追伸3


人気ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログ 転売へ
にほんブログ村

記事がお役に立てましたら、1クリックでポチっと応援して頂けたら幸いです。

ブログの右側にもバナー表示がありますので、

記事を読んだ時や気が向いた時にでもして頂けるとありがたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です