ワードプレス(WordPress)をSSL化する方法!実はとても簡単だった。

こんにちは、アキです。

ワードプレスのSSL化は済んでいますでしょうか。

 

SSL化とはあるサイトでこのように表現されています。

「常時SSL化」とは、金融機関などのWebサイトのように、自サイトのWebページをすべて暗号することです。

常時SSL化を行うことにより、Webサイトのトップページから、暗号されたプロトコルを使用した安全なコンテンツであることを示す「HTTPS」が表示されます。2016/01/13

 

GoogleでもSSL化が推進されています。

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO32494480S8A700C1000000?s=3

 

Googleが公式ブログもにも、パスワードやクレジットカード情報の送信の際にHTTP接続を使用するサイトを

「安全ではない」サイトとして扱う方針を明らかにしています。

 

SSL化をしていないと、以下の問題が起こる可能性があります。

  • サイトにアクセスができなくなる
  • サイトの情報漏洩
  • 利用者離れ
  • サイトURL横に「保護されていません」という表示が出る

 

SSL化はサイトの情報や利用者を保護するために必ず実装しておきましょう。

 

ワードプレスSSL化の方法

ワードプレスでSSL化は難しいと思われている人も多いですが、実はあきれるくらい簡単です。

SSL化の方法は色々ありますが、今回は簡単にSSL化できる2つの方法をご紹介したいと思います。

 

プラグインでSSL化

SSL化はプラグインでするのが一番簡単だと思います。

使用するプラグインは【Really Simple SSL】

 

プラグインの導入方法は、

ワードプレスにログイン⇒プラグイン⇒新規追加

 

検索窓に【Really Simple SSL】と入力します。

入力後、【Really Simple SSL】というプラグインが表示されますので、

「今すぐインストール」をクリックします。

 

インストールできましたら、「有効化」をクリックします。

すると以下の画面が表示されますので、「はい、有効化します」をクリックします。

 

これでワードプレスのSSL化が完了です。

このプラグインは有効化するだけで、SSL化ができますので、とても簡単です。

設定画面がありますが、普通のサイトであれば設定を変更する必要はありません。

 

XSERVERでのSSL化

こちらはサーバーがXSERVERの人のみのSSL化方法です。

サーバーパネルにログイン⇒SSL設定

 

設定したいドメインを選択します。

「独自SSL設定を追加」⇒「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリックします。

 

これでSSL化の設定は完了です。

一覧画面に設定したドメインが表示されていれば設定が完了しています。

SSL化は約1時間程度で反映します。

 

ワードプレスのSSL化が反映されていれば、サイトURLの横に「保護された通信」と表示があるはずです。

 

 

まとめ

ワードプレスのSSL化は思っているよりとても簡単にできます。

SSL化に対応していなければ、Webサイトが表示されただけで「保護されていません」が表示される恥ずかしいことになってしまいます。

 

自分のサイトに訪れてくれる利用者をがっかりさせないように、ワードプレスのSSL化は必ず実施しておきましょう。

追伸1

【タイ輸入ビジネスコンテンツ】が再販されました。

タイ輸入は現在ライバルが不在で、最も稼ぎやすいブルーオーシャンのビジネスです。

【タイ輸入コンテンツ】は、以前の販売で
わずか5分で完売した人気のコンテンツです。

今回はいつ販売終了するかわかりません。
絶対に後悔しないよう手に入れてください。

タイ輸入コンテンツお申込みフォーム

 

追伸2

中国輸入のノウハウが集結した大ボリュームのマニュアルをプレゼントしております。

登録後に自動返信ですぐにマニュアルを受け取れます。

マニュアルはこちら

 

 

追伸3

以下のLINE@に登録してくだされば、以下のコンテンツを無料プレゼント中
【国際送金手数料を大幅に削減する方法】

友だち追加

こちらの方法を使えば人によっては、
年間20万円以上の送金手数料を削減できます。

追伸4


人気ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログ 転売へ
にほんブログ村

記事がお役に立てましたら、1クリックでポチっと応援して頂けたら幸いです^ ^

ブログの右側にもバナー表示がありますので、

記事を読んだ時や気が向いた時に、毎日でも..して頂けるとありがたいです^_^

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です